名古屋市は、自身で調査した全国主要8都市の魅力度調査にて最下位となったと発表をしました。確かにこの街は、観光都市としてはまだまだこれからのところもあります。名古屋メシと呼ばれる様々な料理もあり、観光スポットもありますが、全国的に見れば観光場所はそれほど多い街とは言えないでしょう。しかし、この町は実は住むところとしてはかなり良い環境にあると言えるのです。あくまで先ほどの調査は観光に訪れる街としての順位というわけです。特に、市内は分譲住宅を買って住むところとしてはかなり恵まれた環境にあります。では、他の大都市と違い、この街で分譲住宅を買って住むメリットには何があるのでしょうか。色々な角度で見ていくと、住んで初めて分かるこの街の様々な魅力が見えてきます。

市内は通勤に便利で価格もそれほど高くはありません

名古屋市内は、政令指定都市としてかなり発達しています。特に名駅周辺や栄周辺は、オフィス街としても繁華街としてもかなりの繁栄を見せています。そして地下鉄を中心とした交通機関も発達しており、通勤にはとても便利です。そして、市内中心部からそれほど離れていない場所でも価格は大阪や東京周辺の地域に比べてかなり価格が抑えられているのはかなりの利点と言えます。もちろん価格は地域にもよりますが、市内中心部まで30分以内で通える範囲の場所でも、かなり安く分譲住宅を買えるのです。価格が安いので、市内でもある程度の庭がついている住宅を検討することも可能です。それでいて、中心部の発達は他の大都市圏にも負けず、しかも名駅中心は今も再開発の真っただ中で、今後の発展も期待できます。

子育て世帯にとって良い環境です

また、名古屋市内分譲住宅を購入検討する世帯で多い子育て世帯にとっては良い環境でもあります。例えば全国で問題になっている幼稚園、保育園などに入れない待機児童の問題ですが、市ではこの解決にかなりの力を入れており、ここ数年で待機児童はほぼなくなっています。最近は共働き世帯も増えているので、これは非常に魅力的な点だと言えるでしょう。また、中学生まで医療費が原則無料なのもありがたいところです。さらに、自然が多いのも魅力的だと言えるでしょう。東部を中心として、市内中心部まですぐに出られる立地の地域でも、大き目の公園や緑地などがある地域が多く、ゆとりをもった子育てが可能となっています。やはり落ち着いた環境に住まいを持つことができるのはかなり魅力的だと言えるでしょう。